継続はむずかしい?コツコツできない理由とは?

f:id:yamatoblogger:20190124210040j:plain

ダイエットや筋トレ、ブログなどをやらねば!と思っていてもなかなか継続できないですよね。しかし、

 

「本当は続けられるといいんだけどなぁ…」

「目標を達成して理想の自分を目指したい」

 

と思うのが本心だとおもいます。

そこからやる気のスイッチが入ればできるんでしょうが現実は、

 

「行動しても継続できないから自己嫌悪…」

 

安心してください。みんなそういう状況です。

 

なので継続できるだけで他の人と差をつけることができるということですね。

 

ただもちろん、ちゃんと継続している人もちゃんといます。

 

では何故、継続できるのかというと経験と知識からコツをつかんでいるということ。

 

つまりそのコツを知っていればちゃんと継続できるようになると思いませんか?

 

先に答えをいいますが継続できないのは、継続した経験が少ないまたは無いのが原因です。

 

ちいさな成功体験が自己コントロール能力をあげてくれるので、どんどん継続できるようになりますよ。

そして自分は継続できるんだという自信も大切だったりします。

 

この記事では、継続をちゃんとしていけるようなマインドを作るという点に重点をおいて作成していきます。

 

なぜこのような主張ができるかというと、ぼくは昔15㎏以上のダイエットに成功しており、現在もリバウンドすることなくジムにも継続して通っています。

 

さらには、

  • 瞑想を毎朝20分ほど継続
  • ブログの毎日更新
  • twtterの発信

というのを継続しています。正直ブログに関しては試行錯誤中ですが(笑)

 

ちなみに、継続のコツをつかむと一生使えるので知識的にはコスパがいいと思います。

 

 ハードルをさげる

こちらの章は考え方・マインドのお話になります。

 

実際に何を取り組むかにもよりますけど、

ハードルが高いとなかなかやる気になれませんよね。

 

なので意識的に敷居を下げると良いです。

 

レベル1の難易度から始める

 

僕もそうなんですが難しいなぁと思っていることってなかなかやりたくならないんですよね。

 

なので難易度を下げて簡単だよって認識しておく方がきもち的にも楽です

 

ドラクエだったらレベル1でもスライムは倒せますから簡単ですよね。

  •  ダイエットだったらお菓子のひと口を我慢する。
  • ブログだったら記事のテーマだけ考えとく。

 

など難易度はすぐ下げられます。

 

まずは簡単にできるという意識作りからはじめましょう!

 

まわりと比べない

 

これは非常に大事だとおもいます

 

twitterとか見ていると自分と同じくらいに

始めたのにすごい結果を出してる人とかいるじゃないですか?

 

焦りますよね?不安になりますよね?

 

こうなると気が散って集中しにくくなります

 

よくないですよね、精神衛生的にも。

 

そもそもその人がどんな生活リズムなのかも判断できないし、もともとスキルがあったりする可能性も高いです。

 

なので比べるなら過去の自分がベスト!

 

楽観的に考える

 

難しく考えすぎると行動しにくくなるので楽観的に考えた方がいいです。

 

別にダイエットできなかったとしても何も変わらないワケですから。

 

失敗したところでノーダメだと思いません?

 

なのでとりあえずやってみて、

気分が乗らなかったら止めたらいいんです。

 

隙間時間でちゃちゃっとする

 

もうひとつの要素として時間がかかると面倒に感じるというのがあります。

 

なので僕はブログを書くとき隙間時間を利用しています。

 

実はいまも仕事の合間をみて作成してるんですよ笑

 

仕事されている方や主婦の方は特にまとまった時間を大変だと思います。

 

そこで隙間時間を有効につかいましょう。

 

1時間やろうと思ったらちょっと気合いが入りますけど、10分を6回と分割したら空いた時間に出来そうな気がしてくるハズです

 

記録する

この章は実際に行動するときのコツとかポイントになるところになります

 

がんばり度の可視化

 

普通はこれをあまり意識しないと思いました。

 

でも、これやるとモチベーションあがります

 

だっていつもやらないことをしたワケですよね、あきらかに頑張っているじゃないですか

 

なので自分が頑張ったことは、ちゃんと認めて誉めてあげないといけません

 

そうする為にも記録しましょう。

 

ノートでもメモ帳でもなんでもいいですから、それをみて自分も頑張ってきたなぁ、

と思い出せれば完璧です。

 

なにかを継続するよりも記録するという行為を習慣化できると、なんにでも使えます。

しかも一生、めっちゃコスパいいです

 

 

変動しないものを積み重ねる

 

これは少しずつ行動できた頃なんですが変動するものをカウントしても逆にモチベーションが下がったりします

 

ダイエットだと体重、Twitterのフォロワーさんの数、ブログのPV数など変動するものは記録的しないようにしましょう。

 

なぜかというと、自分でコントロールできない要素が多すぎるからです。

 

体重とかも体内の水分量や、体重をはかるタイミングにも左右されるので予測しずらのとメンタルにもダメージ負いますからね。

 

なのでちゃんと数えられるものをカウントした方がよりコツコツ頑張ってる感がでます。

 

 

オススメ実践法

 

僕の場合は瞑想を毎朝するというのをやっています。

 

メンタル強化、集中力や自己コントロール能力アップの為にはじめました

 

ふつうは朝の時間は貴重だと思うのでなかなか習慣化はむずかしそうと思いますよね。

 

なので初期の頃は、5分からスタートしてます。そして実行できた日はカレンダーにシールを貼って努力を見えるようにしています

 

1ヶ月継続できたらご褒美でなにか買ったり食べにいったりするとモチベーションもさらにあげられますよ

 

効率をあげる

 

ある程度わかってきたら効率をよくしましょう。

 

もう一度自分がやっていることを見直してみると新しい発見があるかもしれませんから。

 

やらなくていいことを探す

 

人はまずやろうとすることから始めます。

ですが本当に必要なのは「やらなくていいことを探す」こと

 

かりに何か取り組んでいることを3倍やろうと思ったら、まずは3倍行動する

 

これが一つです。

 

しかしなかなか3倍行動するって現実的じゃないですよね?難易度高めです。

 

なのでやることを1/3にしてしまえばいいという考え方になります

 

すると残りの2/3は時間ができるのでそこを有効活用するということですね

 

当たり前のことを言っていると思われるでしょうが、意外とやらなくてもいいことしてるんです、我々。

 

ちなみに僕はなんとなくやってたゲームのアプリをアンインストールしました。

 

時間を制限する

ざっくり説明すると何時から何時までというように時間をつくるというやり方です。

 

毎日の習慣にする感じですね。

 

予定としてスケジュールに入れたり、タスク管理アプリとかで自分にお知らせしましょう

 

慣れてくると管理しなくても出来るようになります。

 

メンタルマップを応用

 

これは最終手段だと考えたください。

 

ここまでの内容を試してもなかなか続けられない方のための奥の手をご紹介します

 

メンタルマップとは?

ハーバード大学のショーン・エイカー教授の提唱しているむずかしい本を読むための方法です

 

そもそもむずかしい本を読むとき挫折してしまうのは、『なぜその本を読む必要があるのか』という理由を忘れてしまうからにある。

 

という考え方があり、そこをどうするのかという対策法がこのメンタル・マップです。

 

具体的な活用法

 

継続ができない場合だと、『なぜ継続するのことが重要なのか』を忘れてしまうから。

 

こういう考え方ができますよね?

 

つまり継続する必要性を、紙でもスマホのメモ帳にでも何でもいいので書き出します。

そしてその紙を定期的に確認してください。

 

すると継続することの意味を理解し思い出すので行動する動機となるのです。

 

また研究結果によれば、継続することでの重要性をまた理解することで集中力もあがった、という効果もありました

 

ふつうに読書するときでもこのメンタル・マップ使えますからぜひお試しを!

 

まとめ

 

なぜ継続ができないのかというと、

目標を達成した経験の有無に関係があります。

 

やり方がよくわからないので、途中で挫折してしまうんです。

 

簡単な裏技もご紹介すると、すごく小さいことを習慣化すること。

 

これが意外と効果あって僕の場合は、朝起きた瞬間にベッドメイクをします

 

なので夜に寝ようと思った時はすぐに寝れるワケですが、これの小さな習慣が大事です。

 

理由としては、小さくても目的を継続して達成しているという経験が残ります

 

これで自己コントロール能力もあがり、自信も経験も増えるので継続力があがるということになりますね。

 

まずは出来そうなものから試していただいて実際にやってもらえればと思います。

 

きっと継続出来るようになりますから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です